» 2016 » 4月のブログ記事

一般の乗用車と比較して、大きな車体と大きな排気量を持つ場合の多いSUVと呼ばれる、スポーツ・ユーティリティ・ビークルは、もともとがレジャーなどのために大きな荷物を運ぶ事を想定した車輌です。
SUVが生まれ、発達したアメリカなどではピックアップトラックなどをベースにした物が多く、その事からもこのSUV車の特徴を推し量る事ができます。
大きな車体で、大きな荷物を運ぶ為に設計されたこのSUV車は、走行させるために大きなトルクを必要とするため、必然的に大排気量のエンジンを搭載される事となっています。


勿論、大きな車体がもたらすメリットも多く、高い着座位置による視界の良好性、大きな車体が生み出す安全性を備えていることは間違いのない事実なのですが、大排気量であるが故の問題も抱えているのです。
排気量の大きなエンジンは、排出される排気ガスの量も多く、その排気ガスに含まれる様々な有害物質が環境に及ぼす影響は、見過ごす事が出来ないものとなっているのです。
利用目的や、数々のメリットを備えているにも拘らず、排出される排気ガスの問題などで、このSUV車の評判は、その価格の高さとも相まって、決して良いものではなくなってしまっているのです。

そもそもSUVというのは、オフロードでのる事が基本ながらもオンロード、つまりは舗装された道での走行性能も求めた車種なため、基本的にはオフロードで走る方に向いている車が多いです。
オフロードで重要なのは車の耐久性と安定性、そして視界の良さとパワーなのですが、これたを求めると逆に増えるのが維持費でありここがSUVの大きなデメリットとなています。


耐久性と安定性を求めるとどうしても車自体が重く大きくなるためエンジンも大型にならざる得ませんし、その車を使って山道を上るとなると馬力が必要になるので排気量も必要になると、燃費が悪くなる要素だけが揃っているという状態です。
またそういった工夫がなされている車なため、故障した際の交換パーツなども全体的に高めに設定されている事が多いですし、保険の面から見ても排気量が大きくなるためどうしても高くなります。
最近ではこういったデメリットを減らすために、町乗りやオンロードでの性能を求めたSUVというのも存在して一定の人気があるのですが、そうなると今度はオフロードでの特性が低くなりそのメリットを殺してしまうという問題が付いて回るので、各社とも頭を悩ませていると言われています。

SUV車は車高が高いことで、視点も高くなり視野が良好になることが特徴で初心者にも運転がしやすい車となります。さらに車高が高いことは当然悪路も走りやく、アウトドアを楽しみたい人にはベストな車で、未舗装路や雪の多い道でも走行性能が優れていますから人気も高まっており、各自動車メーカーから色んな車種が販売されています。しかし、この車高の高さがデメリットになってしまうことがあります。それは立体駐車場を利用するときです。


 

新しくできたところは、最近の車の傾向を把握し車高制限もだいぶ余裕がありますが、昔からあるところの場合は高さが厳しくて1,550mm制限のところが多くなっています。昔の車種はギリギリ入れる場合もあったのですが、近年の車は昔よりさらに15cm程度車高が高くなってしまったことからちょうどSUVと車高制限が同等の高さとなってしまうため、駐車することが叶いません。このため、レジャーや買い物などで駐車場を利用するときには高さの確認が必要で、特に地方に出かけるときなどにはインターネットなどを利用して車高制限を確認し駐車できる場所を前もって把握して出かけるべきです。うっかり車をこすってしまい、修理費が高くつくことが無いように注意しましょう。

SUVを購入した場合に不満を感じるのが燃費と言われています。SUVは普通車に比べて車重が数百キロ重くなっています。重くなる理由はボディの形状や」足回りの強化によるものです。もともとSUVは山道などでも快適に走れるように設計されています。そのため車体の強度が高いだけではなく、サスペンションにも強化が行われ、また、アルミホイールも普通車に比べて幅が広く、また、大きなタイプが使われていることが多いです。


車重が重いことはガソリンや軽油を普通車よりも多く必要とします。そのため、得に普通車から乗り換えた方には不満が多いようです。SUVで燃料の消費を抑えるためには普通車と同様な走り方をすれば良く、とくに発進時にスムーズな発進を心がけるだけでもかなりの節約となります。SUVは車体が重いため、発進時にどうしても加速を良くしようとアクセルを踏みすぎてしまいます。そこでちょと我慢してみることをおすすめします。実はSUVは発進時に力が出るように調整されており、車体が大きいのでゆっくり動くうように感じる方が多いですが、普通車と発進時はほぼ変わらないのです。また、加速後も急がつく運転を出来る限り行わなければ燃料消費をかなり減らすことができます

SUVにはいくつかの欠点があります。
まず燃費があまり良くない事です。一昔前のSUVと比較すると燃費性能は上がっていますが、それでも軽自動車やコンパクトカーなどと比較すると大分見劣りする燃費性能となっています。その為、燃費が気になる場合ですと、購入候補に入れ辛い可能性があるのではないでしょうか。
維持費が高く掛かりがちなのもマイナス点です。車検費用が高めの事が多いですし、またタイヤのサイズが大きい為、交換費用も掛かってしまいます。先にも述べたように燃費性能もあまり良くないという事もあって維持費に悩まされる可能性は否定できません。


SUVは死角が多いのもマイナス点と言えます。車高が高い為、必然的に運転席からのアイポイントも高くなります。また、ボディサイズも大柄な事が多い為、死角が多くなりがちです。その為、運転時には注意が必要ですし、補助ミラーを活用したりバックモニターなどを装着する事が望ましいと言えます。
車両本体価格が高めというマイナス点もあります。SUVには車両本体価格が高い車種が多い為、経済的な面で購入し難い事もあるのではないでしょうか。
SUVは魅力が豊富ですが、一方でこのようにマイナス点もいくつかあるのです。

安全性の高い頑丈な車体

| 未分類 |

SUVを選択する方が増えています。これまではセダンやワンボックスが人気でしたが、最近ではSUVのやコンパクトハッチバックが人気のようです。SUVを選ぶ方は家族連れの方も多いですが、選ぶ理由としては頑丈さを上げる方が多いです。


SUVはRV車よりも気軽に乗れて、セダンよりも運転が楽と言われることが多いようです。RV車のようにボディも強いですが、タイヤや足回りは一般道を走るためのものに変えられており、普段走っている分にはセダンと変わらない乗り心地を実現しています。ボディが強いことは安全につながりますが、ただ、強いだけではありません。一般的にSUVは車高が高く設定されていることが多く、事故が起きた際に乗員を守れる確率が高くなると言われています。また、車高が高いことで普段から前が見やすいという点も見逃せません。一般道とはいえ、遠くが見渡せる車高の高さはセダンにはない強みとなります。また、足回りは一般道向きになっているとはいえ、セダンよりも雨の日や雪の日の走行性能が高くなっています。特に女性ドライバーにとっては前が見やすく、運転がし易いことで選ぶ方が多いようです。ただし、RV車と違い、悪路の走行性能はそれほど高くないので注意が必要です

四輪駆動車、通称4WDや四駆と呼ばれる車両は悪路や未舗装の道路を走行することに特化した車両です。一般的には四駆というとオフロードでも走れるような、がっしりとした車両をイメージされますが、乗用車や軽自動車でも四駆は存在します。そもそも、四輪駆動車の概念とは、4つのタイヤ全てが駆動していることであり、全てのタイヤが地面を捉えて走行することが可能なため、悪路走行や未舗装の道路でも快適に運転することができるのです。


日本においては道路の整備がなされているため、あまり必要性を感じないかもしれませんが、欧米など広大な土地を有し、場所によっては未舗装の道路などではとても活躍する車両です。アウトドアスポーツやレジャーが盛んな欧米にとってはオフロードを走行することに特化した車両は必需品とも言えます。もちろん、オフロード以外でも、市街地走行などでも四輪駆動の力は充分に発揮することができます。発進がスムーズだったり、高速道路での加速にも充分なパワーを発揮してくれます。その反面、エコカーや一般的な乗用車よりも燃費が悪くなってしまうのがデメリットでもあります。しかし、そのデメリットを解消するため、四輪駆動、二輪駆動と切り替えることのできる車両も製造されています。

SUVはアウトドアなどのレジャーに最適な車ですが、普段使いにも便利な車です。
SUVに乗る利点としてドライビングポジションが高いことから、その分だけ視界も広く運転がしやすいというものがあります。
元々は悪路などを走行するときに車高が高いと有利であるため、車高が上がっている車ですがその分だけ視点も高くなるので運転がしやすくなるのがSUVのメリットのひとつとなっています。


 

視点が高ければ遠くまで見渡すことができるので、道路状況を見通しやすくなるので先を見据えた運転をすることができます。
例えばセダンなどでは前方に車がいるとその先を見ることができませんが、SUVの場合には同じぐらいの大きさの車でなければ先を見通すことが出来るので前方の状況がわからないという状況を減らすことができます。
また、遠くを見渡すことができるというのは常に先が見えない状況で緊張をした状態で運転をする必要がなくなるため、長時間運転をしていても疲れにくいという利点があります。

このようにSUVは車高が高いことによって遠くを見渡すことができ、視界が広く常に周囲の車の状況を予測しながら運転をするという必要がなく、目で見て状況を判断しやすいため運転がしやすい車となっているのです。

SUVはあらゆる場面で活躍をしてくれる、万能な車ですがその力を存分に発揮してくれるのがまずアウトドアなどに利用をする時です。
荷物をたくさん収納することができるので、アウトドア用品をたくさん積むことができますし車内空間が圧迫されるということがありません。
荷物の出し入れも楽に行うことができるので、荷物の多いアウトドアには正に最適な車となっています。


 

また、SUVの利点として本格的なクロスカントリー車ほどではありませんが悪路に強いというメリットがあるので、多少の荒地なども問題なく走行することができ、キャンプ場などの道が舗装されて居ない場所でもらくらく走行をすることができます。
普段使いでもメリットの多い車であり、視点が高いので先を見渡しやすく運転がしやすいというのも大きなメリットのひとつです。
冬場などは車高が高いので、多少積雪があったとしてもスタックすることなく走行をすることができ悪路走破性の高さと相俟って冬までも雪道を快適に運転することができるのです。

このようにSUVは多目的使用に作られている車であるため、あらゆる状況で活躍してくれる車になっているため、車選びに迷った時には適している車となっています。

都市型4WD、SUVの魅力

| 未分類 |

SUVといえばどんな山道でもすいすい上ったり、雪道で強いというイメージがありますが、本格的なオフロード走行ができないいわゆる都会型4WDが販売を伸ばしています。都市型の特徴はオフロード走行にこだわらず、都会のアスファルトでの走行が快適であることです。都会型は混雑している道路でも運転がしやすくなっており、オフロード車のようなのりごこちの悪さもありません。


乗用車の車高が上がったような感じでありながら、ミニバンのような雪道での走行がつらいということもありません。比較的ゆるいオフロードコースなら十分走れ、また、雪道や雨の日の安定感は本格的な4WD車並です。また、普通車よりも積載能力が高いのも魅力です。ミニバンほど搭載するものが無い方でもたまにスキーに行ったり、趣味で使う物は運びたいというニーズに沿った車とも言えます。そして4WDの魅力は搭乗者が多い、荷物が多い場合に発揮されます。FFやFRの車は普段の使い勝手がとてもよく、燃費も良いのですが、人数が多かったり、積載物が多い場合には走りに影響があります。しかし都市型では走りにほぼ影響がなく、スムーズな走りが魅力となっています。特に不安が多い雨の日も安心だと大変好評です

最近の投稿