» 2016 » 5月のブログ記事

ローターとは

| 未分類 |

ローターとはロータリーエンジンの繭型をしたハウジング(レシプロエンジンで言うシリンダーに相当)の中にある、おむすび型をしたレシプロエンジンで言うところのピストンに相当するもを指します。ロータリーエンジンは前述ハウジングの中をおむすび型の三角形をしたローターが回転し、その三角形の頂点(アペックスシールと称す)は常にハウジングに接しております。つまりハウジングとローターは3つの部屋があり回転しながら、吸気、圧縮・爆発、排気の工程をローターが1回転する間に行う非常に作業効率の良い内燃機関と呼べます。


ロータリーエンジンを搭載した車はマツダから販売され、過去にコスモスポーツやサバンナRX-3,RX-7,ユーノスコスモ、RX-8がその代表となります。何れもスポーツカーやスペシャリティカーに属し、高出力を絞り出せるユニットとなります。
開発当初は、アペックスシールがハウジング内壁を引っ掻く傷が発生し、問題を解決すべくマツダが寝食を惜しんで研究に没頭し、製品開発を成功した話は非常に有名です。また、ローターを4つ搭載したマシンがル・マン24時間耐久レースで日本が初の優勝したことも有名です。市販品で搭載数が多かったのは、3つ搭載したユーノスコスモが最高となります。

ブレーキセットとは

| 未分類 |

自分自身でカスタマイズするようなレベルに達することができれば、ブレーキ系パーツは容易に交換できるようになります。制御装置の中でも使用される部品が決まっているのが特徴であるため、メーカーが推奨する純正品を中心にパーツを集めていけば最後の最後まで納得した仕上がりを期待することも可能です。さらにブレーキセットと呼ばれるカーパーツもインターネットショッピングで販売されていることから、本来の仕組みを慎重に確認するような習慣が日頃から当事者には求められるのです。自分でできる限りのことを行っていけば、結果的にはリーズナブルな価格でメンテナンスをすることにもつながっていきます。


それから自動車を専門に扱う整備士がブレーキ系システムの重要性について説明しているようなブログも見かける機会が多くなり、この話題はとても重要な意味を成すということがわかります。初心者は見た目のデザインの方へ自然と目が行きがちですが、実際のところは制御装置全般が鍵になっていくため、自動車全体をきちんと確認するような姿勢が大事になっていくのです。ブレーキセットはモーターで動くものには大いに必要となる部品であることから、慎重に選択していく部分が大切となります。

キャリパーとは

| 未分類 |

キャリパーとは自動車に搭載されているブレーキシステムを構成しているパーツの一つです。主にディスクブレーキと呼ばれる種類のブレーキシステムに搭載されています。このキャリパーがどのような働きをしているかというと、ブレーキペダルを踏んだり、ブレーキレバーを引いたりすることでブレーキオイルを封入しているマスターシリンダーと呼ばれる箱からブレーキオイルが押し出されます。押し出されたオイルはキャリパーへ送られます。


キャリパーへ送られたオイルがピストンを押し出すことによってブレーキパッドが押し出され、ディスクローターを挟み込むことによりタイヤの回転を停止させ、ブレーキを作動させることができるのです。オイルを押し出したりするため、とても精密な構造が必要な部品であるとともに、ブレーキシステムを構築する上でも欠かせないパーツの一つなのです。純正メーカーのキャリパーもありますが、レースなどで使用されるものは、ブレーキシステムを専門に使用しているメーカーのものが使用されています。オイルの通り道である、小さな穴でもちょっとの違いでブレーキ性能を大きく左右してしまうパーツなので、とてもシビアに製造されているのです。

ブレーキシューとは

| 未分類 |

ブレーキシューとは、摩擦によってタイヤの回転を遅くして制動を行うための部品で、日本語では制輪子と呼ばれています。ブレーキシステムは大きく分けて「ドラムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2つに分けられますが、ブレーキシューは主にドラムブレーキと呼ばれるブレーキシステムに用いられています。ホイールの内側に設置されたドラムの内部で、ブレーキライニングという摩擦材をドラムに押し付ける働きをしており、このとき発生する摩擦によって制動力が発揮されます。


構造が簡易であるため低コストで装着でき、制動力が高いというメリットがありますが、ブレーキシューが装着されているドラム内部は密閉された空間となっているため放熱性が悪く、連続で使っていると加熱によって摩擦力が低下するというデメリットがあります。そのため、現在では後輪のみにドラムブレーキを採用し、前輪はディスクブレーキを搭載する場合も増えてきています。また、強く安定した制動力が求められるスポーツタイプの車などに場合には、前後ともにディスクブレーキを搭載していることが多いようです。ブレーキライニングが摩擦によってすり減ってくると、ブレーキシューの金属部分がドラムに接触してしまい、ブレーキの制動性が不安定になってドラムに損傷を与えてしまうので、定期的に交換する必要があります。

自分自身で自由に決めることができるパーツの中でも、ブレーキ系のカーパーツは特性をしっかりと生かすような働きであるかどうかをあらかじめ考えていくようにする部分が求められます。選択肢となるポイントをしっかりと掴んで、交換するようにすれば、安全性を重視させた内容にも近づけることができるのです。また大切になるパーツは、相性が最大の焦点にもなっていくため、より多くの選択肢があるという方は総合的な部分を判断して自動車本来の機能が生きていくような方向性を目指してみる姿勢が大事になります。大きさや年式を今一度確認して、ベストな選択を各々で行うようにすることがこれからの時代は特に重要になるのです。


それから通信販売でもカーパーツを購入していくことができるようになっているため、条件に見合うものがどれだけ扱われているかを知る部分も大切です。またカスタマイズする場合は基本的な知識が鍵になることから、常に最善を尽くしていくような方向で検討することが重要なのです。それに加え巷で人気となっているカーパーツは、耐久性の部分でも優れた実績を残しているため、値段との比較をして最善の選択を執り行うようにすることが結果的には大事になります。

ブレーキパッドは、車が止まるために必要なブレーキの力をタイヤに伝える役割を持っています。また、ブレーキパッドは使用しているうちに摩耗してしまう特徴があります。パッドがすり減ってしまうとブレーキが弱くなってしまうので危険です。定期的な点検をすることによって、摩耗を事前に防ぎ、しっかりとしたブレーキを実現することが可能となります。


まずは、専門店で点検をしてもらうとよいでしょう。ブレーキパッドの点検は難しいというイメージがありますが、それほど難しいものではありませんので、たいていの専門店で請け負ってくれます。自宅から近くの専門店で構いませんので、パッドの点検について問い合わせてみてください。次に、パッド交換の目安について解説します。新品のときはおおよそ10ミリの厚さがあります。これが1ミリ程度になってしまったときには交換する必要があります。ブレーキをかけるたびにパッドはすり減っていきますから、早めに交換することが肝心です。また、残りが2ミリ程度になってくるとブレーキ音が変わってくるので、自分でも気づきやすくなります。いつもと違うブレーキ音がしたときがパッド交換の目安の時期と考えておくとよいでしょう。

定期点検などでブレーキパッドが減っているから交換した方が良い等と言われることがよくあります。そもそもブレーキパッドとはどんな部品でどの程度の頻度で交換が必要なのでしょうか。ブレーキは通常ディスクブレーキシステムが使われ、タイヤと一緒に回るディスクを挟んで摩擦によって回転を停めることによって制動するものです。このディスクを挟む部品がブレーキパッドです。


摩擦によってすり減るのはこのパッドですからブレーキを使う回数にもよりますが、概ねで3万から4万キロで寿命が来ると言われています。従ってその程度のキロ数を走っている場合の定期点検などで整備工場がブレーキパッドの減り具合を確認したりするのです。素人である私達には常にその減り具合を確認する訳にはいきません。しかしブレーキを使用する際にキーキーという音がする場合はブレーキパッドがすり減っている可能性が高いので走行距離に関わらず点検をしてもらうと良いでしょう。ほとんどの場合は車検の際にある程度摩耗が見られたら交換しておくと言う方法で行う事が多いでしょう。ブレーキパッドは消耗品の為に部品代自体は高価ではなく、その都度交換する修理工場の工賃が発生してしまう為です。

自動車のブレーキはディスクブレーキが一般的となっています。ディスクブレーキは制動力が高く耐久性があるためです。
ディスクブレークはホイールの中にディスク版がありこれをキャリパーで挟んで制動するものです。キャリパーの中にはブレーキパッドがついています。キャリパーは油圧で動いており、ブレーキペダルを踏むことでブレーキピストンが動作してブレーキバッドが動いてディスクを押さえつけて挟むようにして制動します。
ディスクブレーキはとても高温になります。それは摩擦によって制動することになりブレーキパッドとディスクが擦れて高温になるのです。
ブレーキパッドはやはり徐々に摩耗してきます。ブレーキパッドがなくなってくるとやはり交換しなければなりません。通常は10mm程度の厚みがあります。これがディスクと擦れて摩耗していくことで減り3ミリから2ミリ程度になれば交換が必要となります。


残量が少なくなってくるとブレーキをかけた時にキーといった音がなるものもあります。
ブレーキパッドの交換はディスクからキャリパーを外して行います。ブレーキパッドを交換するときはブレーキオイルも同時に交換するといいでしょう。やはりブレーキオイルも劣化してくるためです。

車を運転する際、重要になってくるのがブレーキです。ブレーキの利きが悪い状態で走行すれば、信号による停止や交差点を曲がるときの減速も危険になり、いずれは恐ろしい大事故を引き起こすことにもなりかねません。このように搭乗者の生命線ともいえるブレーキですが、その構造をしっかりと把握しているドライバーは案外少ないのではないでしょうか。


ブレーキは摩擦力を利用することにより、運動エネルギーを熱エネルギーに変え、減速を可能にする構造となっています。この摩擦を生み出す役割を担っているのがブレーキパッドです。まず、ペダルを踏むことによってブレーキ液の油圧が変化し、ブレーキシステムに力が伝達します。その力の分だけブレーキパッドがディスクローターを挟み、それによって摩擦力が生じることになるのです。しかし、ブレーキパッドは使うたびに摩耗していき、ブレーキの利きも悪くなっていくので、いつかは交換しなくてはなりません。またそれほど摩耗はしていなくても、経年劣化によってブレーキパッドが硬化してしまい、利きが悪くなることがあります。事故を起こさないためにも、ブレーキの利きに違和感を感じたら早めにブレーキパッドを交換するようにしましょう。

ブレーキ系にみられるカーパーツは、内部に相当する制御装置に関係する内容が多いので、慎重に個々の部品を確認してみる姿勢が大事です。自分で交換するという選択をしたならば、まずはマイカーとの相性に優れたカーパーツをピックアップするような状況が鍵となります。また定期的にメンテナンスをすることになれば、ブレーキフルードの内容など自動車本来の核となる部位を常に新品な状態にキープさせる方向性が出るわけです。


それから自分でカーパーツを装着していくことが現在では増加傾向に相当しており、専用のホームページを参照すれば初めてでも十分納得のいく高官ができるようになっていきます。カーパーツの性能は日ごろは目立たないところにいますが、安全な走行をキープするのに最適な内容を多くが含んでいるので、とても重大な役割を担ったいるという意識も持ち合わせておくことが大切なのです。
以上の事柄を冷静に振り返ることにより、現時点で認められている高性能かつ高水準のカーパーツを装備していく部分が出ていくようになります。自分で交換できるようになれば、マイカーへの興味も自然と倍増していくこととなり、効率的な即目も増えていくようになるのです。

最近の投稿