車を運転する際、重要になってくるのがブレーキです。ブレーキの利きが悪い状態で走行すれば、信号による停止や交差点を曲がるときの減速も危険になり、いずれは恐ろしい大事故を引き起こすことにもなりかねません。このように搭乗者の生命線ともいえるブレーキですが、その構造をしっかりと把握しているドライバーは案外少ないのではないでしょうか。


ブレーキは摩擦力を利用することにより、運動エネルギーを熱エネルギーに変え、減速を可能にする構造となっています。この摩擦を生み出す役割を担っているのがブレーキパッドです。まず、ペダルを踏むことによってブレーキ液の油圧が変化し、ブレーキシステムに力が伝達します。その力の分だけブレーキパッドがディスクローターを挟み、それによって摩擦力が生じることになるのです。しかし、ブレーキパッドは使うたびに摩耗していき、ブレーキの利きも悪くなっていくので、いつかは交換しなくてはなりません。またそれほど摩耗はしていなくても、経年劣化によってブレーキパッドが硬化してしまい、利きが悪くなることがあります。事故を起こさないためにも、ブレーキの利きに違和感を感じたら早めにブレーキパッドを交換するようにしましょう。

最近の投稿