ブレーキシューとは

| 未分類 |

ブレーキシューとは、摩擦によってタイヤの回転を遅くして制動を行うための部品で、日本語では制輪子と呼ばれています。ブレーキシステムは大きく分けて「ドラムブレーキ」と「ディスクブレーキ」の2つに分けられますが、ブレーキシューは主にドラムブレーキと呼ばれるブレーキシステムに用いられています。ホイールの内側に設置されたドラムの内部で、ブレーキライニングという摩擦材をドラムに押し付ける働きをしており、このとき発生する摩擦によって制動力が発揮されます。


構造が簡易であるため低コストで装着でき、制動力が高いというメリットがありますが、ブレーキシューが装着されているドラム内部は密閉された空間となっているため放熱性が悪く、連続で使っていると加熱によって摩擦力が低下するというデメリットがあります。そのため、現在では後輪のみにドラムブレーキを採用し、前輪はディスクブレーキを搭載する場合も増えてきています。また、強く安定した制動力が求められるスポーツタイプの車などに場合には、前後ともにディスクブレーキを搭載していることが多いようです。ブレーキライニングが摩擦によってすり減ってくると、ブレーキシューの金属部分がドラムに接触してしまい、ブレーキの制動性が不安定になってドラムに損傷を与えてしまうので、定期的に交換する必要があります。

最近の投稿