花で楽しむ花街道付知

| 未分類 |

中津川市苗木から下呂市にかけて国道256号、257号沿線上にズラリと並ぶさるすべりの木。さるすべりの開花時期は初夏から初秋にかけてで、この時期には見事な景観を心ゆくまで楽しむことができるでしょう。セーフティドライブを楽しむのにはやはり適度な休憩が大切です。今日は付知のドライブでの休憩スポット、道の駅「花街道付知」を紹介します。
付知は自然豊かな場所でさるすべりだけでなく、春には河川敷公園の桜や付知峡の紅葉は圧巻の一言で、たくさんの人々の休憩スポットとしてご利用いただけます。豊かな自然を生かした農産物の直売所やコンビニエンスストアも併設されているためどなたでも気軽に入りやすい施設になっています。中でもドライバーの疲れを癒す足湯が大きな魅力でしょう。天然温泉である付知峡倉屋温泉の新鮮なお湯を軽トラックで運んできています。もちろん屋根付きで天気の心配をすることなく無料で入ることができます。
いかがでしたか?季節ごとによって表情を変える付知の大自然を肌で感じていただけると思います。花街道と呼ばれる付知でさるすべりや紅葉を楽しんだ後に、道の駅の足湯で疲れを癒す。心身ともにリフレッシュができると思いますよ。もちろんドライバーさんは美しい景観に癒されながらセーフティドライブを心がけてください。

最近の投稿