保険未加入のデメリット

| 未分類 |

自動車の保険は大きく分けると自賠責保険と任意保険に分類することができます。多くの方は両方の保険に加入しているのですが、しかしながら無保険状態で車を運転してしまうケースも少なからず存在するのです。
無保険で運転することでデメリットがあるのですが、まず自賠責保険に入っていない場合は懲役や罰金を科せられてしまいますし、さらには違反点数が6点付されることになりますので、即座に運転免許の停止処分となってしまいます。
これだけ重い罰則が設けられているのは任意保険と違って必ず入っておく必要がある保険だからです。そもそも自賠責保険というのは人身事故の被害者を救済する目的がある保険です。もし自賠責に入っておらず、人身事故を起こした場合、そして加害者が損害賠償ができないと被害者に大きな負担が掛かります。そのような負担のリスクを下げる為の保険でもありますので、入っていない人間には厳しい罰則が科せられるのです。
一方の任意保険に入っていない場合のデメリットですが、諸々の事故に関しての損害賠償を自己負担しなければならなくなることです。事故を起こしても保険に入っていなければ自分で支払うしかありませんし、事故の内容によっては到底支払い切れる額ではありません。その為、もしもの際に困らない為にも任意保険にも入っておくことが大切なのです。

最近の投稿