交通事故は起こしたくないものです、しかし現代の交通事情を見るにつけ、いつ自分が交通事故に巻き込まれるかはわからないのが現実です。いざ交通事故に巻き込まれると、もらい事故であっても幾ばくかの責任が問われ、それにより損害賠償を求められることもあります。そこで過失割合について考えて見ましょう。
過失割合というのは、民事上の互いの受けた損害の責任割合を決定するもので、一般的に日弁連が発行する資料に基づき決定されると言われています。ではその資料の中ではどのように明示されているかというと、まず交通手段を「自動車」「バイク」「自転車」「歩行者」に分け、それぞれが交通安全法規を遵守して通行していた場合に、あらゆる事故が生じた場合の標準事故形式を示し、標準的な過失割合を提示したうえで、互いに速度違反だとか一時不停止だとか違法行為があればその分過失割合を増加させるという形で示しています。
まだ大原則として、交通弱者を守るという思想がありますので、車>二輪車>自転車>人の順に基本的に過失割合を少なくしています。全く同じ条件ではないということです。
したがって人の飛び出しではねてしまった場合など、車の前方不注視として車の過失割合が多くなるのはそのためです。
最近では自転車等がスマホをいじりながら赤信号でも無視して渡り、交通事故になる例が増加しているようです。その場合であっても車の過失が問われることが多いので、せめてドライブレコーダーを装着して、万が一の時の状況を記録できるようにすると、少しだけですが安心できますね。

最近の投稿