加害者と被害者の保険

| 未分類 |

自動車を所有している方ならば、その多くが任意加入の自動車保険に入っていることが前提です。自賠責保険ではカバーできない部分が多く、実質上として欠かせない保険としても利用されています。実際に交通事故を起こしてしまった場合では、加害者側と被害者側に分けることができますが、車対車の交通事故の場合では、過失割合というものが設定されることが多く、その割合によって保険料が支払われることになります。例えば双方の自動車の修理料金の合計金額が50万円だった場合で、加害者と被害者で7対3の過失割合に決まった場合では、加害者側の保険会社から35万円の支払いが行われることになり、被害者側は15万円の負担になります。しかし、事故内容によってはいわゆる100対0と言われる内容になることもあり、このケースでは片方の支払いだけで済ませることができ、被害を被った方の場合では完全に支払額を0にすることができます。交通事故は安全運転を行っていても、外的なことが起因して、思わぬ事故に発展してしまうことがあります。そのため、普段から安全運転を継続することは勿論ですが、万が一に備えて充実した内容を持つ補償に設定しておくことで、どのような事故でも対応できるようになります。

最近の投稿