ここ数年、ガソリン価格は値上がりし、家計を圧迫しています。かといって、車がないと生活が成り立たない人は多いでしょう。そこで、日々の車ライフに役立つ省燃費運転の方法をお伝えします。
まず1つ目は、早めのアクセルオフ(エンジンブレーキ)を心がけて運転することです。エンジンブレーキ中は燃料カットができます。十分な車間距離をとり、早めにアクセルオフして、エンジンブレーキで徐々に速度を落とします。最後の停止時のみフットブレーキを使用するのが好ましいです。先の信号などもチェックしておくことで、早めのアクセルオフが可能になります。
2つ目は速度を一定に保つことです。車の種類によって違いがありますが、大体60キロ前後が省燃費によい速度です。いそれより早すぎても遅すぎても燃費が悪くなるので、可能な限り速度を60キロ前後で保って走りましょう。
3つ目はアイドリングストップをすることです。長時間の停車時はもちろん、信号待ちや渋滞でもアイドリングストップを行いましょう。アイドリングが5秒以上になりそうなら、エンジンの再始動時に消費するガソリンの方が少ないです。積極的に取り組みましょう。
4つ目はクーラーを使用しないことです。窓を開けて走る方が省燃費です。その際、右前と左後ろや、左前と右後ろのように斜めに窓を開けると、風が流れやすくなります。また車に乗る前にドアを2箇所開け、片方のドアを大きく開け閉めすると車内の空気が入れ替えられます。熱中症にならないように、無理は禁物です。
以上、省燃費運転の方法をお伝えしました。この他にもちょっとしたことで燃費はよくなります。いろいろ試して自分に合った方法を見つけてください。

最近の投稿