クリーンディーゼル車とは従来のディーゼルエンジンが発生させる窒素酸化物やススなどの大気汚染物質をエンジン内で発生させないように改良したものや様々な触媒技術を活用して大気中に排出される排ガスを浄化したディーゼルエンジンです。
ディーゼル車はガソリン車に比べて高圧縮で燃料を爆発させて、エンジンの構造も違うため、高燃費で力強い走りを楽しむことができます。しかし、その分大気汚染物質の排出がガソリン車よりも多いため問題になっていました。
ディーゼルエンジンの特徴として高圧縮時の燃焼では、エンジン内で不完全燃焼がおきやすく、窒素酸化物の発生は抑えることができますが、PMが発生します。
また、低圧縮では、その逆でPMの発生は抑えることができますが、窒素酸化物が多く発生します。そのため、どの程度の圧縮率で爆発をされるか、燃焼温度を何度にするかの調節をした後、触媒技術を併用したものが排出ガスもより綺麗にできることからクリーンディーゼル車と言われることが多くあります。
また、触媒技術に依存したクリーンディーゼル車は触媒の寿命にも大きく影響を受けます。様々な国が総走行量に応じた排出ガス基準を設けているため、それを達成させるために、一部のメーカーでは不正を行い社会問題にもなっています。

最近の投稿