低燃費で、しかも環境に対しても配慮がされていると人気を集めているのがエコカーです。そのエコカーには様々な種類があり、電気自動車はそのひとつに該当しますこの自動車の最大の特徴としては、電気を燃料として自動車を走行させると言う点にあります。従来の自動車はガソリンを燃料としてエンジンを稼働させていましたが、電気自動車はガソリンの代わりにバッテリーに蓄えた電気を燃料として、エンジンの代わりにモーターと制御装置を使って車を走行させると言うメカニズムをとっています。ガソリンよりも非常に低燃費で、しかも電気ですから環境に悪影響を及ぼすとされている排ガスについての心配や、走行時の騒音についての心配もほとんど不要です。また電気は、たとえば余っている深夜電力や太陽発電を利用できたりもするため、燃料に対する費用が経済的であるのも電気自動車の特徴です。充電に関しては、家庭用コンセントや急速充電器を使用して行うことができます。ただし出先などで充電しようと言う場合には、それ専用のスタンドが必要です。このスタンドの設立には費用や時間がかかるため、なかなかそれが進まないと言うのが現状であり、このことが電気自動車普及のためのデメリットのひとつとなっています。また電気自動車は長い目で見れば非常に経済的な乗り物ですが、電池が高価なため、どうしても車両本体価格が高いと言うのも普及のためのデメリットです。しかしこの点に関しては、技術進歩の発展や代替材料の量産化によって、解消される日も近いとされています。

最近の投稿