環境に優しいといわれる車には、いくつかの種類があります。一つはハイブリッドカーと呼ばれるもので、ガソリンを使って動くエンジンと、モーターを電気で動かす二つの動力を利用して走ることが可能です。一般的な車と違い、低速時にはモーターを使い燃費に合わせてエンジンを使用するので、二酸化炭素等の排出量を抑えることができます。この仕組みが異なるハイブリッドカーも存在しますが、基本的にはガソリンだけでなく他の動力も利用して走行できる車をハイブリッドカーと呼びます。このような環境に良いとされるエコカーは、ほかにもいくつかあります。例えば電気自動車というものは、電気のみで車を動かします。排出ガスを出さず、音が静かなことがメリットですが、長距離を走るのには適していません。ほかにも、天然ガスや太陽光を利用して走行するエコカーもあります。近年では、特に燃料電池電気自動車が注目を集めていて、水素と酸素の化学反応を利用してモーターを動かす仕組みを採用しています。化学反応で発生するものが電気と水だけなので、公害対策の車として強い可能性を持っています。ハイブリッドカーをはじめとして、燃費が良くエネルギー問題に対応できる車が数多く開発されています。

最近の投稿