車を運転する際は、当然のことながら安全運転に努めなければなりません。ただ、一言で安全運転と言ってもどのような方法で運転すればよいか分からないと思います。安全運転をするためには、運転中に危険が伴う行為を行わないことが何より大切です。まず、高速道路の合流や緊急時にやむを得ない場合を除き、急加速をしないよう心がけましょう。急加速をすると燃費が大幅に悪くなるだけでなく、排気ガスの量も増加して環境の悪化につながります。また、急加速を行ったことによって前車と衝突したり、運転を誤って歩行者や自転車などをはねてしまう可能性も考えられます。十分注意しましょう。そして、過度に荷物を積んで走行することも、運転中に危険が伴うため避けるのが無難です。特に、後方の安全確認が出来ないぐらい荷物を高く積んでしまうと、思わぬ事故につながりかねません。また、車の最大積載量を超える荷物を積むと車への負担が大きくなるため、車のパーツの傷みが早くなったり寿命が短くなります。車の燃費も大きく悪化してしまいます。そして、事業用のトラックにおいて、荷物を過剰に積んで走行したことによる事故は、トラックの事故全体の7割近くを占めています。

最近の投稿