エコカーとは燃費が良く、また自然環境に対しても一定の配慮がなされている自動車のことです。国が定めている一定の基準を満たしたこれであれば、自動車に関する様々な税金面において減税措置を受けることができるため人気を集めています。一口にエコカーと言って、実際には様々な種類があります。まずは電気自動車です。これは、電気をエネルギーとして走行する自動車です。そのため従来のガソリン車とは異なり、走行時には二酸化炭素や排気ガスが一切、排出されません。非常に燃費面でも、環境面でも優しいエコカーと言えますが、バッテリーをチャージさせるまでにかかる時間や、そのステーション設置にかかる費用、また車両本体の高さなど、克服すべき問題もいくつか存在しています。それから、天然ガスを燃料とする天然ガス自動車があります。天然ガスはガソリン主原料である石油などに比べて埋蔵量も多いため、資源コストにおいても優しい自動車と言えます。またやはりガソリンとは異なり、排気ガスに含まれる有害物質の量が大幅に減少できると言うメリットもあります。しかしやはり、車両本体の高さが普及のためのネックとなっています。これらに比べて比較的、普及しているのがハイブリッドカーです。これは、ガソリンと電気を併用する自動車のことで、高速走行時には充電、低速からの発進時にはその電気を利用すると言うメカニズムです。低燃費、低排気を実現しており、車両本体価格も先のふたつに比べると低く、従来通りガソリンも使用することから燃料の確保も行いやすいため、普及が広まったとされています。

最近の投稿