日本の自動車保険の任意保険加入率は約80%と言われています。残りの約20%の車は任意保険未加入のまま公道を走っているのですが、その車と事故になった場合、保険の請求などはどのようになるのでしょうか。
相手側の車が任意保険未加入の場合、過失の割合によって相手側に病院に行った場合の治療費や車の修理費用を請求することができます。自分にも過失があった場合には自分の加入している保険会社が対応してくれるため、お任せしておけば大丈夫ですが、自分の過失がゼロの場合には保険会社は対応してくれず、相手側と示談で交渉しなければなりません。相手側に修理費用などを支払う意思がない、もしくは支払いをしない場合には弁護士を付けて相手側の自賠責保険会社に請求を行うことができます。しかし自賠責保険の保証範囲は対人のみになるため、車の修理費等は自分の自動車保険を使うというケースも少なくありません。
このようなケースを想定して、任意保険では弁護士を付ける際の費用を負担してくれる弁護士特約や、相手が修理費用などを支払わない、支払えない時にも補償をしてくれる無保険車障害特約などがあります。任意保険未加入の車がまだまだ多い現状を鑑みて、これらの特約を付けておくことも自衛の手段です。

最近の投稿