SUV車は車高が高いことで、視点も高くなり視野が良好になることが特徴で初心者にも運転がしやすい車となります。さらに車高が高いことは当然悪路も走りやく、アウトドアを楽しみたい人にはベストな車で、未舗装路や雪の多い道でも走行性能が優れていますから人気も高まっており、各自動車メーカーから色んな車種が販売されています。しかし、この車高の高さがデメリットになってしまうことがあります。それは立体駐車場を利用するときです。


 

新しくできたところは、最近の車の傾向を把握し車高制限もだいぶ余裕がありますが、昔からあるところの場合は高さが厳しくて1,550mm制限のところが多くなっています。昔の車種はギリギリ入れる場合もあったのですが、近年の車は昔よりさらに15cm程度車高が高くなってしまったことからちょうどSUVと車高制限が同等の高さとなってしまうため、駐車することが叶いません。このため、レジャーや買い物などで駐車場を利用するときには高さの確認が必要で、特に地方に出かけるときなどにはインターネットなどを利用して車高制限を確認し駐車できる場所を前もって把握して出かけるべきです。うっかり車をこすってしまい、修理費が高くつくことが無いように注意しましょう。

最近の投稿