車は非常に便利な乗り物ですが、常に事故発生のリスクを持っています。これは、被害者になることもあれば加害者になることも意味しています。
もし、加害者として事故を発生させてしまった場合にまずしなければならないのは事故現場の状況を確認することです。何よりもまず確認しなければならないのは安全です。見通しの悪い場所で事故が発生してしまったのならば早急に安全な場所へ移動しなければなりません。高速道路で起こしてしまった場合はすぐに路側帯へ移動します。二次災害を防止するために、何よりもまずは安全を確保します。
次に、被害者の状態を確認します。呼吸もあり意識もはっきりしており、目立った外傷も無いならば安全な場所で警察を呼び、待機しましょう。逆に外傷があったり意識・呼吸に異常がある場合は近くの人に救急・警察へ連絡してもらい、応急処置を実行します。周囲に人がいない場合は救急へ連絡し、被害者の容体を詳細に伝えながら指示をもらいましょう。仮に応急処理の知識や技能があったとしても一人だけで実行するのは禁物です。
これらの過程の中でのポイントは、とにかく落ち着くことです。落ち着かなければ事故現場の状況すら確認することができません。心に余裕をもって対処しましょう。

最近の投稿