自動車NOx・PM法は、自動車から排出される窒素酸化物や粒子状物質といった人体に影響をおよぼす物質を削減して、大気の環境を守るための法律です。
大都市圏にはさまざまな道路が走り、トラックやマイカーなどの自動車の往来がみられますが、こうした外からやってくるものについては、その土地で操業している工場や事業場などを主たる対象とした既存の大気汚染防止法による規制の枠組みが適用しにくいという難点がありました。
また、二酸化窒素については法律制定までにおおむね大気環境基準を達成していたものの、粒子状物質については大都市圏を中心に達成状況が低く、人への発がん性のおそれもあることから早急な対策が求められていたという背景があります。
そこで、自動車NOx・PM法では、特定の車種そのものに窒素酸化物や粒子状物質についての排出基準を設けるとともに、一定規模の事業所に自動車使用管理計画の策定を義務付け、業務用の自動車からの有害物質の排出を抑制するなど、より効率的な対策ができるようにしたものです。
法律の対象地域は、自動車交通が集中しており、既存の大気汚染防止法などでの措置が困難という観点から、首都圏、愛知・三重圏、大阪・兵庫圏の市町村が指定されています。

最近の投稿