エンジンの内部は、オイルによって絶え間無く密封と潤滑、冷却、洗浄等を行いエンジンを保護しており、エンジンオイルはエンジンの高温による酸化やカーボンの蓄積によりスラッジと呼ばれる堆積物に変化し、エンジンの性能を低下させます。
その為、オイルフィルターでオイルを濾過する事でスラッジや不純物が取り除き、オイルの劣化やエンジンへのダメージを最小限に抑えています。オイルフィルターの長期使用は、エレメントが目詰まり引き起こし、リリーフバルブが開放されろ過されないオイルがエンジンへと流れてしまうので、定期的なフィルター交換が必要です。
エンジンオイルは、フィルターで濾過してもいずれ劣化し、著しく劣化すると不純物やスラッジによりオイルの粘度が増し、ドロドロの状態になりオイルの供給ラインに詰まったり、スラッジがピストンリング周りにこびり付きリング膠着などのトラブルの原因となります。加えて、エンジンオイルの粘度が増す事により、燃費の悪化やパワーダウンを引き起こします。
一般的にエンジンオイルの交換時期は、走行距離を目安にする事が多くありますが、エンジンオイルは結露による水分が原因でスラッジを生じる事もあり、走行距離だけでなくエンジンオイルの使用期間も交換の目安にして、定期的にオイル交換をするべきです。

最近の投稿