燃費を向上させる為にも意識してみた方が良いのがタイヤ空気圧です。空気圧の状態でタイヤの燃費性能が違ってきますが、燃費を悪くする状態なのが空気圧が少ない時です。
空気圧が少ない状態は車の重さをしっかりと支えることができず、タイヤが潰れて路面の接地面積が大きな状態なのですが、接地面積が大きいと摩擦抵抗が強くなりますので燃費にも影響してしまいます。
しかし単純に空気圧を高くすれば良い訳でもありません。接地面積が小さくなれば燃費が多少良くなる可能性もありますが、それと引き換えにブレーキがきき難くなったり、跳ねるようになる、ダメージを受け易くなりバーストの危険性が高まるなどの恐れもあります。ですから空気圧は単に高めれば良い訳でもないのです。
基本的には適切な空気圧に維持することが大切なのですが、適切な空気圧は車によって指定されています。これは指定空気圧と呼ばれていますが、メーカーから指定されている為、一律で同じ圧にすれば良い訳ではありません。
指定空気圧のチェック方法ですが、大抵の場合はドアの開口部に記載されています。ガソリンスタンドで空気圧を見てもらう場合、指定空気圧を聞かれることもありますので、その際にはドアを開けて確認してみると良いでしょう。

最近の投稿