運転方法を意識することでエコドライブができるようになりますが、基本は急発進、急加速、急ブレーキをしないことです。こういった運転方法がガソリンを大きく消費する原因になりますので、燃費が気になる時にはやってはいけない代表格と言えるでしょう。
エコドライブの為のテクニックとして一定速度で走ることを意識することが大事です。同じ速度に安定させることによってガソリンの消費を抑えることができますので、足を固定してスピードがぶれないように気を配った方が良いでしょう。そして一定速度を保つ為に大切なのが車間距離を十分に空けることです。車間距離が近いと前の車の速度に影響され易くなりますし、アクセルを踏んだりブレーキを踏むのを繰り返すと燃費が悪くなってしまうのです。
エンジンブレーキを上手く活用するのもポイントです。エンジンブレーキをきかせてゆっくりと停止することによって燃費が良くなりますので、交通状況を的確に判断し、どのタイミングでアクセルをオフにすれば良いのかを見極めるようにしましょう。
停止状態から発進する場合、車が動き出してから発進するのも意識したいことです。ブレーキを離してすぐにアクセルを踏むよりも、動き出したのを確認してからそれに合わせるようにアクセルを踏んだ方がエコドライブになります。

最近の投稿