和紙の街、美濃

| 未分類 |

岐阜県をドライブするときにはドライブのテーマを何か一つ決めて出かけられると、とても楽しいと思います。たとえば和紙の街を巡るというテーマはいかがでしょうか。美濃地方は古くから和紙の街として知られています。その歴史はとても古く、里山でおよそ1300年前もの昔から漉かれ続けてきた日本古来の伝統の和紙です。その丈夫さと美しさから日本中にその名が知られ、和紙を扱う商店は隆盛を極めました。その歴史をまずは「和紙の里会館」で学び触れて経験したのち、「うだつの上がる町並み」を探訪します。うだつとは家事による延焼を妨げたる目的で隣の商家との間に設けられた防火壁のこと。この防火壁をできるだけ高くすることが証人としての成功を示すことにもなりました。今でも「うだつを上げる」という言葉が用いられるのは、この防火壁のことを指すのです。和紙の取引によってこの地には江戸時代から軒を連ねる商家が立ち並び、誇らしげに並びそびえる「うだつ」は商人たちの誇りを訴えているようです。毎年10月にはこの「うだつの上がる町並み」で「和紙あかりアート展」が開催され、和紙を用いたあかりのアートが歴史と伝統あふれる町並みを美しくライトアップして楽しませてくれます。

最近の投稿