自賠責保険は、車や2輪車などで人身事故を起こした時の損害賠償金や慰謝料などの支払いのための保険です。車検を受ける義務のある車や中大型2輪車は、自賠責保険に加入しないと車検を通せませんので、この保険の未加入は考えづらいですが、原付や小型2輪車は車検がありませんので保険に未加入の場合があり得ます。
このような自賠責保険未加入の車などと事故になった時には、直接加害者に損害賠償金、慰謝料を請求します。ただし、加害者に支払い能力がない場合には、人身事故部分は、国の行なっている救済制度を利用しますと損害賠償金、慰謝料などの支払いを受けられます。そして、この支払い分は、被害者に代わって国が加害者に請求することになります。もし、任意保険のみ有効な加害者の場合には、人身事故部分の損害賠償は、自賠責保険の支払い最高額を除いた額が任意保険から支払われますので、たりない分は加害者に請求するか上記の国の制度を利用します。
物損事故部分の損害賠償は、人身事故のみに適用される自賠責保険は使えません。そのために任意保険の物損事故保証があります。この場合には保険から修理代金が支払われますが、加害者が任意保険に未加入の場合には加害者に請求します。

最近の投稿