自賠責保険というのは自動車やバイク、原付を使用するときに強制的に加入することが法律によって義務付けられている損害保険です。この保険に未加入の場合や有効期限切れで車を運転すると1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられることになります。この保険は自動車事故によって死亡したりけがをした被害者の保護救済を図ることを目的としていて、物損事故には適用されません。被害者保護を茂木とした保険で公的な要素が強いのが特徴で、保障は必要最小限で、支払い基準は定型、定額化されています。そして過失の大小にかかわらず、けがをした人や死亡した人が被害者となります。任意保険との最も大きな違いは重過失減額です。任意保険の場合には被害者に過失があった場合には、厳格に過失相殺が行われますが、この保険では過失相殺は行われません。けれども。被害者に重大な過失があった場合には支払限度額から減額される制度があり、これを重過失減額と呼びます。具体的には被害者の過失が7割未満の場合には減額なしですが、被害者に7割以上の過失がある場合には2割から最高5割までの割合で減額されます。任意保険というのはこの強制保険の限度額ではカバーしきれない部分を補償する保険という役割になります。

最近の投稿