自動車VSバイクの場合

| 未分類 |

あなたは御自身で車を運転されますか。ご自身で車を運転する以上、自動車は事故を起こす可能性を少なからず持っています。交通法規上のルールとして車は以下の交通弱者に対して過失割合を多く持つこととされています。例えば歩行者、車が歩行車に対して事故を起こした場合、如何なる場合において車の方が過失割合が高くなってしまいます。これは信号無視や歩行者の方から飛び込んでくる場合を除き、車の方が当然、破壊力があるということ、歩行者の方が被害を受けやすい、つまり死への危険性が高いことが理由として挙げられます。同様に自転車に対しても同じような評価を受けます。自転車は軽車両として扱われてはいますが、原動機を持たない車両であり、スピードを出せる範囲もある程度決まっています。さらに歩行者同様、車からの接触を受けた時に極めて事故を受けやすいことが理由です。しかしながら過失割合があいまいなのがバイクとの自己です。こちらは原動機がついており、しかも排気量によっては車と同じぐらいのスピードを出すことが出来ます。しかしながらバイクには転倒による衝撃や裂傷、車からのダメージをそのまま受けやすいという危険性が高いことから車への過失割合の方が高く設定されています。

最近の投稿