自動車VS自動車の場合

| 未分類 |

自動車事故で車対車の場合、過失割合というものがあり、その割合により保険金の支払いがされます。
事故が相手が100%の過失である場合は、追突以外では赤信号での交差点進入、飲酒での運転など違反しての場合を除けば、互いに動いていたことで1:9以上となり10:0となることが少ないです。
これは、運転をしている以上常、危険と隣り合わせであるため、左右の確認や前方や後方確認は絶対条件であるため、それをすることで、事故を避けることが出来るため、いくら、一旦停止を怠ったドライバーとの出会い頭での事故であるとしても、過失割合が出ます。
相手が自転車、ミニバイク、歩行者であったとすればどうなるでしょう。
相手が一旦停止をしていないという理由は通りません。
一旦停止の指示がなかったので走ったと言っても交通弱者はどこから飛び出てくかわかりません。
これが、車であれば立場が5分5分となり、一旦停止の指示があったほうが若干不利にはなるにしても、自身の安全確認がしっかりとしていれば十分に事故を防ぐことが出来るため、過失割合の議論が出ます。
完全に停止しているところにぶつけられる場合を除けば走行しているすべてのクルマで過失割合が適用されます。

最近の投稿