交通事故の被害者になったら、まず事故後に賠償を請求する加害者を特定します。加害者に運転免許証を提示させて、氏名や住所、連絡先をメモします。加害車両のナンバーもメモして、自動車の所有者や管理者が異なる場合はその人の情報も同じように聞き出します。被害者になっても加害者のように自動車を停止させて、死傷者の有無や破損状況、道路における危険性など事故現場を確認します。加害者が重症などで警察に電話できない場合は、事故内容を自分で伝えます。警察に報告をしないと保険金を請求する手続きに必要な交通事故証明書が発行されず、捜査も行われないので事故状況について客観的に整理でいません。そして必ず医師の診察を受けます。事故後は軽い怪我だと判断できても、数日後に体に異常をきたすことがあります。特に頭を打つと重い障害を残すことがあるので、脳外科で専門的な検査を受けます。治療費は通常は加害者が自分の加入している任意保険に電話をして、保険会社が治療費が医療機関に支払われる手続きを行います。しかし加害者が保険に入っていない場合は、被害者で治療費を立て替えて後で加害者に請求したり、自分の自動車保険や健康保険を使って払ってもらうことになるので、事前に確認します。

最近の投稿