皆さんは何か乗り物を運転されますか。今や多くの自動車が街中にあふれ、日本では車無しの生活など考えられない、成り立たない地域もあります。しかんしながらこれだけ車文明社会となったことによる対価として、環境破壊や交通渋滞、そして事故なども増える結果となりました。国土交通省を始め、多くの期間が交通事故を減らすがための施策を講じておりますが、なかなか減少傾向に向かいません。車に乗られる皆さんは保険をかけていますか。保険は事故時に自身が受けたケガなどを保証するだけでなく、ケガをさせてしまった相手への入院補償、公共物や器物を破損させてしまったことによる補償も兼ねております。それゆえ、車に乗る以上は最低限の保険に加入していなければなりません。万が一、相手を死なせてしまった場合は多額の慰謝料を取られることにもなります。しかしながら、交通事故が起きた場合、自転車、バイク、自動車の過失割合がどのように決められているか御存知ですが、日本の道路交通法は基本原則として、交通弱者に対して庇護する形をとっています。要するにスピードが出て、相手に一番ダメージを与えるものが過失割合が多く、歩行者や軽車両などに対しては過失割合が少ないという考え方です。

最近の投稿